bespokeNAKAYAMAホーム
column_over.gif (1085 バイト)

こうして創られるあなただけの一着

出会い 人間のからだは、それぞれに特徴があります。
あなたと会った瞬間からテーラーの仕事は始まっているのです。何気ない会話の中からあなたの個性を掴み、大切な一着を創るために、生きた採寸をします。あなたの体型の長所をいかし、弱点をカバーする…それが採寸の目的です。
着ごこちのよいスーツを創るには、ありのままの体型を採寸してもらうことが肝心です。それには一にも二にもリラックス!肩の力を抜いて測ってもらいましょう。
製図 “あなただけの一着”を目的に創られる設計図、それが型紙です。採寸値をもとに、必要な部分には、適当なゆとり量が加えられ、さらに体型に合わせた補正がなされます。着心地の良さ、動きの良さといった機能性はもちろんのこと、時代感覚を盛り込むことも大切な要素。まさにカッターの腕の見せどころです。
仮縫い 平面の生地から立体へ………いくつものプロセスを経てデビューする服にとって、仮縫いはリハーサル。あなたの描いたイメージを目で確認、実際に身につけてのフィット感を確かめる、まさにあなたとテーラーとの共同作業です。全体のバランス、パッドの位置、腕の動きなど、細かい部分までチェックするプロの目が光ります。
 

縫製

仮縫いを終えた洋服は、再び平面の生地に、戻され、改めて本縫いに入ります。芯づくり、芯据え、肩入れ、袖付けとすべての工程に、一針一針心をこめ、アイロンで命を吹きこめながら縫い上げていきます。熟練した職人にとっては、心躍る入魂の場、まるで我が子を育てる気持ちにも似た思いいれが、完璧な一着を、作り上げるのです。
古着屋さんに持ち込まれるスーツのほとんどがオーダーメイドのもの。既製服は古着になる前に傷んでしまう。そして丁寧に縫われた品は、頑丈でほどきにくく、リフォームやさん泣かせだそうです。こんなところでもオーダーの良さがわかるのです。